デュオ大阪歯科医院
ホワイトニング
きれいな口元をデザインする上で歯の白さ、輝きというのも大切な要因の一つでしょう。もともと歯の色が濃い方とそうでない方がいらっしゃり、歯の質も異なるためホワイトニングの効果には個人差があります。そのため安心してホワイトニング治療を受けて頂くにはまず入念なコンサルテーションが必要です。まず付着している歯の汚れをクリーニングしたのちに、過酸化水素が含まれている(生体に安全な濃度です)漂白効果のある薬剤で歯を白くしていきます。

ホワイトニングの症例

ホワイトニング 矢印 ホワイトニング
虫歯や不適合の被せ物、根の病気などがあったためそれらの病気を治したのち、ホワイトニングを行い、2本だけセラミックスの歯を適用した。
上の歯が明るく綺麗に治っているだけでなく、下の歯(天然の綺麗な歯)がホワイトニングにより色調が明るくなって、美しく調和していることに注目

ホワイトニング 矢印 ホワイトニング
天然歯列(被せ物のない)の女性。
黄ばんだ歯の色が自然で透明感のある白さになっている。
ホームホワイトニングのみで施術した。

歯のホワイトニングには大別しますとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。

オフィスホワイトニングは歯科医院に来院頂いた際に歯を白くする方法です。比較的濃度の高い薬剤が歯科医院では使用可能ですので、それを歯に塗って、光またはレーザーを当てて歯を白くしていきます。施術直後から白くなりますが、後戻りが比較的早いと言われていますのでホームホワイトニングとの併用で白さを維持していくこともよくあります。
ホームホワイトニングは患者さん自身が自宅でして頂く方法です。患者さんのお口に合わせてトレーを作り、その中にホワイトニングの薬剤(ジェルタイプ)を注入し比較的低濃度の薬剤を使用していきます。低濃度のため安全な方法ですが、患者さんが歯科医院から言われた使用方法を守らなければ思ったような結果が当然でないことになります。
いったんホワイトニングが終了し、そのまま何もしなければ色が後戻りしていきます。なぜなら食事や飲み物によってまた着色が始まるからです。とくにタバコ、コーヒー、赤ワイン等は強い着色の要因になりますので少し控えられたほうが良いでしょう。しかし、生活のなかでいろいろな着色要因となる飲食物がありますから、完全にこれらを控え続けることは難しいです。そのため、ホームホワイトニング/オフィスホワイトニングともに、時折タッチアップと呼ばれる再ホワイトニングを行なうことと着色を取り除くための定期健診をまめに受けられることをお勧めいたします。

当院ではオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングともに約1ヶ月間を1クールとしております。ご希望のかたはお気軽にご相談下さい。

歯周病治療

インプラント

インプラント周囲炎

診療案内

 
午前
10:00〜13:30
- -
午後
15:00〜19:00
- -
休診日:土曜・日曜・祝日

お問い合わせ

 
上に戻る